札幌のクリニックでバイアグラをもらってよかった

大好きだったセックスの時でも、思うように勃起しなくなった

私は幼いころから無類の女性好きだと自覚していました : 自分の性欲は強くなる一方であり、より女子に積極的になっていった : 大好きだったセックスの時でも、思うように勃起しなくなった

上司に連日営業の数字で責められ、そして怒られなじられて、次第に自分の心はストレスと自信喪失でズタズタになってました。
すると不思議なことにあれだけ大好きだったセックスの時でも、思うように勃起しなくなったり、持続時間が非常に短くなっていったんです。
自分がセックスで満足できないだけでなく、女性も満足させてあげることが出来ず、女性たちとの関係も険悪になっていったのです。
セックスに対しても自信を喪失してしまい、仕事もうまくいかず悪循環に陥りました。
すると一人のセフレの女性が、自分のことを察してくれて札幌の泌尿器科でED治療を受けてみたらどうかと提案してくれたんです。
最初は勃起不全で治療すり事にためらいがありましたが、性の欲求の減退や持続時間も減少してどうにもならなくなり、泌尿器科を受診することにしたのです。
すると医師は、仕事のストレスが性生活にも悪影響を及ぼしているといったんです。
できるだけストレスを発散するように、スポーツや好きな趣味に没頭して心のリフレッシュもすることが大事だとアドバイスしてくれました。
それと同時に自信回復の目的もあって、バイアグラも処方してくれたのです。
飲むと以前のように絶倫になり、いまでは前のお湯にセックスライフを謳歌できています。